FC2ブログ

記事一覧

身体が染まる。

エッチの回数を重ねる度、相手の気持ち良い所を刺激するようになるのと、身体が覚えていて反応する事でどんどんその人に馴染んでいく。今の私は先生とキスして少しだけ首筋に触れられただけで濡れていくのが分かる。気持ち良いポイントを攻められないと感じなかった身体が、今では全身で先生を感じ取ろうとする。首筋を優しく舐められてエロスイッチが入った。両方の乳首をつまんで優しく転がされる。これが堪らなく感じる。誰でも...

続きを読む

恋愛体質。

きっと私はすごく恋愛体質なのだと思う。 先生も同じく。ある日のメールのやり取りで感情が盛り上がりすぎて「好きで好きで仕方が無い。」と言い合う内容となった。「奪えるものなら奪いたい。」と先生らしからぬ言葉が送られてきた。「何年も何年も続いて、それでもなお、私を必要としてくれるならいつか奪って欲しいよ。」送ってしまった。先生はふと我に返ったのだろう。「みゃあは子供も旦那も大切な家族だから壊さないように...

続きを読む

生殺し。

先生と会ってからまた2日後、出勤前に先生のオフィスに会いに行った。今回は私が女の子の日。オフィスエッチはできない。会ってすぐの強めの抱擁。「会いたかったぁ。」二人して抱き合いながら愛情をじんわりと感じ合う。深い深いキス。上の服を脱がされ、ブラを早速下げられた。乳首を咥え音を立てながらしゃぶる。反対の乳首は指で転がされた。先生の息も上がっているが、私の方が乱れた呼吸になっている。「あぁっっ...」もう、...

続きを読む

ワインバー。

半ドンの仕事が終わった頃、先生は私の職場近くのカフェで待っていてくれた。  先にビールがある事をチェックしてから、荷物を置きに先生の席へ行った。「お待たせ!ビールあるけど、てったんも飲む??」「うん😊じゃあ飲む。」ビールとアテが運ばれて来た。お会計は注文ごとに済ませるシステム。「えっと、頂いていいのかな?」先生は当たり前の事を当たり前と思わず、小さな事にも感謝をしてくれる。「もちろんやん😊いつもあり...

続きを読む

大切な時間。

お盆期間中、私の仕事は休み。先生は時期をずらしてお盆は仕事、振替で休む。業者の搬入がほぼ止まっている。先生からヘルプの要請が来た。「みゃあ、在庫あったら回してもらえへん?お盆やから明日も入荷無いかもしれないねん💦」初めて、本当のピンチで役に立てた(≧∀≦)今までも何かしら役に立てるように回してきた事はあるけど、今日の感謝の言葉は違った。良かった。役に立てて。物不足でお金を出しても買えない物を渡せた。元カ...

続きを読む

出る率。4割。

抱っこされたままイッてしまった私は脱力しすぎて後ろへ倒れそうになった。ヘロヘロになった顔を満足気に見ながら先生は私を支えてくれた。「その表情、たまらんねぇ😁」まだ脱力している私。何も返事ができないくらいに参っていた。「あぁ、めちゃくちゃ可愛いよ。みゃあ💕」きつく抱きしめてくれた。この瞬間、何とも言えないくらい先生を愛おしいく、幸せだと感じた。ほっぺに軽いキスを何度もしてくれる。もっとこのまま一緒に居...

続きを読む

オフィスエッチ。

いつもより早く挿入されたので上手く入るか心配だったけど、そんなことは杞憂だった。いつでもどうぞ、な濡れ具合だった。思いのほか濡れていた自分に驚いた。よく滑るので余計に気持ちが良い。バックで挿れてパンパンと音がした「みゃあ、いけない子やな。こんなに濡らしたら旦那に襲われたとき喜ばれるでしょ!!」「もっと特訓しないと!!気持ち良くても濡らしたらだめ。俺の許可が出てから濡れなさい。」そんなムチャクチャな...

続きを読む

オフィスで。

先生からオフィスでしようと言われ、微妙な反応をしていた私。オフィスはガラス張りで少し目隠しのインテリアがあるくらいの外観だ。大通りではあるけどオフィスに用事があってよく見ない限り、そこで何をしているのかは分かりにくい。その中でも特に見えにくい柱の陰が私達のいつものイチャつき場所だ。この日もいつも通り「会いたかった気持ち」を爆発させ、強い抱擁から熱いキスをした。いつもなら服の上からブラの中に手を入れ...

続きを読む

欲望は止まらない。

潮を大量に吹いてから、先生は達成感とさらなる変化を求めるようになった。お尻を攻めたい、と言われた。私はどうしても不衛生な気持ちが勝ってしまい、受け入れなかった。それに普段から便通が良すぎてちょっとした事でお腹の調子が悪くなる。=肛門がたまに腫れたりする。多分このまま続けば痔になるのだろうと予測できる。なので狙ってるな、と思った時にはいつも逃げ回る。先生も諦めが悪い。お風呂で洗いっこする時も不意打ち...

続きを読む

唾垂らし。

先生はまだまだ私に望む事があるらしい。元々女体が大好きな先生。色々いじったり辱めたりして、私の身体の変化を見て楽しみたいと笑顔で言われた。パイパンにされてから毎回会う度に手入れをしてくれるのだが、回数を重ねる度にエスカレート。足を閉じれないように先生の足で押し広げられたり、さらにはヒダの部分をつねったり引っ張られたり。最初は抵抗していたけど、抵抗さえできないくらいに攻め続けられグッタリしたところ写...

続きを読む